美容外科のトラブルが深刻な問題に なっております(国民生活センターより)

THE CLINIC

診療録

60

シリコンバッグ除去手術と同日の脂肪注入豊胸NGケースとは?

メインイメージ

「豊胸シリコンバッグ(豊胸プロテーゼ)を取り出したい。でも、ただ除去(抜去)するだけだと、胸の形が崩れてしまうのが心配……」と迷う女性は多数。当院にも、豊胸シリコンバッグ取り出しと同時に脂肪注入豊胸を希望される方がたくさん相談にいらっしゃいます。 そんな中、どうしても「同日施術」ができないケースもあります。それはなぜでしょう?

バストが陥没!豊胸シリコンバッグ除去手術のみのリスク

シリコンバッグ 除去 抜去 画像

そもそも、豊胸シリコンバッグ(豊胸プロテーゼ)除去(抜去)から脂肪注入豊胸までを同じ日に行うのには、ただボリュームダウンを避けるためではありません。硬い豊胸シリコンバッグを長い間体内に入れていると、皮膚や肋骨などの周辺組織はバッグに圧迫されて徐々に変形していきます。取り出した後は、写真のようにバストが陥没することさえあるのです。

豊胸ゲストの1/3が選択するリスク回避法

そんな見た目の変化を避け、人工物ではない自然なバストを取り戻す解決策として、当クリニックでは脂肪注入豊胸の中でもコンデンスリッチ豊胸で、ボリュームダウンを補う同時施術をおすすめしています。
当クリニックでコンデンスリッチ豊胸を受ける、実に3人に1人は豊胸シリコンバッグ(豊胸プロテーゼ)からの入れ替え組。さらにそのうちの97%の方が「手術をしてよかった」と答えるほど(2013年実績)、満足度が高い施術です。

同日の豊胸シリコンバッグ除去→脂肪注入豊胸は高メリット

同日手術3つのメリット~豊胸シリコンバッグ抜去後の脂肪注入豊胸」でもお伝えしたように、豊胸シリコンバッグ(豊胸プロテーゼ)の取り出しと脂肪注入豊胸を同時に行う施術は、①精神的ストレスが軽減できる、②しこり・脂肪壊死が防げる、③美しいバストに仕上がるといったメリットがあります。ただし、同日施術は豊胸シリコンバッグの入っていたスペース(ポケット)を避けて、何層にも細かく注入する医師の技術があってこその方法。血液の通わないポケットの中に誤って脂肪を注入すると、壊死してしまう可能性があるのです。
そこでポケットが閉じてから安心して施術ができるようにという医師の都合で、豊胸シリコンバッグ除去(抜去)から脂肪注入豊胸までに数カ月待つようすすめるクリニックも少なくありません。しかし、実は時間の経過とともにスペースが完全に閉じるわけではないのです。可視化できないためかえってリスクが高まります。さらには、いびつに癒着してしまう可能性も考えられるのです。

シリコンバッグ 除去 抜去

豊胸シリコンバッグ除去と同日施術できなかった症例

そんな理由から当クリニックでは、できる限り豊胸シリコンバッグ除去(抜去)とコンデンスリッチ豊胸を同時に行っています。実際に、ほとんどのケースが同日施術ですが、どうしてもそれができない症例があるのも事実です。

豊胸シリコンバッグ除去と同日施術を避けた理由は「皮膚の炎症」

こちらのゲストには、あえて豊胸シリコンバッグ(豊胸プロテーゼ)の除去(抜去)から数日後の脂肪注入豊胸をおすすめしました。理由は体内で破損していた豊胸シリコンバッグの変形と、皮膚の炎症・痛みが認められたためです。炎症を起こしたまま放置すると、血流が阻害され、皮膚が壊死する可能性もあります。そこで、炎症が落ち着くのを待って脂肪を注入することにしました。写真で経過を比較しましょう。

豊胸シリコンバッグ除去前の症例写真

シリコンバッグ 失敗 画像

豊胸シリコンバッグ除去(抜去)前の状態です。10年間入れていた豊胸シリコンバッグが破損し、バストが鷲鼻のように変形してしまっているのが分かります。

豊胸シリコンバッグ除去後の症例写真

シリコンバッグ 除去 除去 画像

除去(抜去)だけの状態です。破損していた豊胸シリコンバッグによる異物感、硬さ、痛みが解消されましたが、ボリュームを失った分、バストのたるみが目立ちます。この状態で皮膚の炎症が収まるのを待ちました。数日なのでポケットがいびつに癒着するリスクはありません。

コンデンスリッチ豊胸後1カ月後の症例写真

シリコンバッグ除去 コンデンスリッチ豊胸

炎症が収まった後にコンデンスリッチファットで豊胸を行い、そこから1カ月後の経過観察で撮った写真です。自然な形になり、たるんでいたバストにハリが戻りました。

豊胸シリコンバッグ除去と同日施術ができなくなる前に対処を

通常であれば、麻酔を伴う手術をわざわざ別日に分割するのはゲストにとっても望ましいことではありませんが、このように体の状態を考慮して「待つ」という選択をするケースもあります。
しかし前提として、「時間が経つと必ずトラブルが出るのがシリコンバッグ豊胸」であることを忘れないでください。このような破損・変形・痛みなどの症状が出る前に、定期的なエコー検査を受け、少しでも異常があれば受診するようにしましょう。

知恵まとめ
  • コンデンスリッチ豊胸を受ける人の1/3は豊胸シリコンバッグからの入れ替え
  • 豊胸シリコンバッグ除去→脂肪注入豊胸は待ったほうが良いケースも
  • 変形や炎症を起こす前に、シリコンバッグ豊胸後の定期的な“健康診断”を!
関連キーワード

関連する診療録

読んでおくべき診療内容

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)