美容外科のトラブルが深刻な問題に なっております(国民生活センターより)

THE CLINIC

診療録

6

シリコンバッグ豊胸のトラブル事例「カプセル拘縮」

メインイメージ

シリコンバッグ(インプラント)豊胸をした方の多くが、術後の胸の硬さで悩んでいます。硬い胸になってしまう主な原因の1つはカプセル拘縮。豊胸シリコンバッグを挿入した方の10人に1人が、10年以内に発症し悩まれています。特に、胸を乱雑に扱っているわけでもないため、誰もがこの症状を患う可能性があります。

胸の中に豊胸シリコンバッグを包み込むカプセルが出現

豊胸シリコンバッグは人体にとって異物です。人体は、その異物から胸の組織を保護しようと豊胸シリコンバッグの周りにカプセルのような被膜を作り、胸の組織とシリコンバッグを隔離させようとします。挿入した豊胸シリコンバッグは、そのカプセルの中に収まっている状態になります。

カプセルに強く圧迫される豊胸シリコンバッグ

シリコンバッグ
出典:bokete

カプセルに閉じ込められた豊胸シリコンバッグは圧縮されてカチンカチンになってしまいます。この状態をカプセル拘縮といいます。例えるなら、ふんわり炊かれたご飯が、お弁当箱に押し込まれてカチンカチンになってしまうような状態が、胸の中でおこるのです。

カプセル拘縮はアレルギ―反応なので誰しも起こる可能性が

カプセル拘縮は人体を防御する、アレルギー反応のようなものです。防ぎようがなく、全ての人の胸の中でおこる可能性があります。

ツルツルの豊胸シリコンバッグはカプセル拘縮の危険性大

豊胸バッグ抜去
出典:takslife

豊胸シリコンバッグは、柔らかい丈夫な皮(シリコン)で包まれてできています。合成素材でできたこの皮は、表面コーティングの有無によって2つの種類に分けられます。1つが表面がザラザラしたテクスチャータイプで、もう1つの表面にコーティングがされていなくて、触った感じがツルツルするバッグをスムースタイプです。このスムースタイプの豊胸シリコンバッグは、何と40%の確率でカプセル拘縮を起こすと言われています。

知恵まとめ
  • カプセル拘縮は、被膜で豊胸シリコンバッグが圧迫される症状
  • カプセル拘縮は体を異物から守る生体反応で、誰にでも起こり得る
  • 表面がツルツルした豊胸シリコンバッグはカプセル拘縮が起きやすい
関連キーワード

関連する診療録

読んでおくべき診療内容

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)