診療録

56

シリコンバッグは終わり、時代は脂肪注入?~豊胸術の変遷~

メインイメージ

現在も行われている豊胸術のうち、最も長い歴史を持つのが豊胸シリコンバッグを挿入する方法です。遡れば1960年代、それまで行われていたバストに直接シリコンオイルを注入する方法で医療事故や健康被害が相次いだため、膜に包んだ豊胸シリコンバッグが誕生しました。そして今、豊胸シリコンバッグに代わり脂肪注入による豊胸技術が主流になりつつあります。その変遷と理由についてご紹介します。

1990年代に一度は米国で禁止になった豊胸シリコンバッグ

50年以上に及ぶ豊胸シリコンバッグの歴史の中で、1992年から7年間にわたり、豊胸大国・アメリカで使用禁止になった時期がありました。発がん性が疑われていたことが主な理由で、この期間は生理食塩水バッグのみが承認されていたのです。1999年、豊胸シリコンバッグの発がん性が否定されたことと、この頃にすでに誕生していた「コヒーシブシリコンバッグ」の存在により、流れが変わりました。「コヒーシブシリコンは、体内でバッグが破損しても流れ出さない固形の素材」という理由と、ほかの選択肢にあったハイドロジェルバッグやCMCバッグなどが感染や漏れた場合の安全性に問題があるとされたため、豊胸手術の主流が世界的にもコヒーシブシリコンバッグに集中していったのです(その後の臨床現場では、豊胸シリコンバッグが破損した場合、コヒーシブシリコンであっても、体液と混じることにより液状化する例が多数報告されています)。

初期の脂肪注入豊胸はトラブル続きだった

従来の脂肪注入 方法

そのころ、脂肪注入による豊胸は広まっていたのでしょうか。実は1990年代も脂肪注入豊胸は行われていました。しかし採取した細胞を茶こしに入れて生理食塩水で流し、注入するという方法では、感染症のほかしこりや脂肪壊死といったトラブルが多く、アメリカでは実質的に2009年まで禁止されていました。

2008年は90%がシリコンバッグ豊胸、2009年は75%が脂肪注入豊胸に

豊胸 ニーズ 人気

こちらはTHE CLINICの統括指導医である大橋ドクターが2008年に手掛けた豊胸手術の内訳です。90%がシリコンバッグによる豊胸だったことが分かります。




豊胸 ニーズ 人気

一方こちらは翌2009年の実績です。手掛けた豊胸手術のうち75%が脂肪注入豊胸へと変化しました。脂肪注入による豊胸の技術が米国ASPS(米国形成外科学会)で実質上解禁されたこと、また脂肪注入の権威であるコールマン教授や吉村教授による論文で、脂肪注入による豊胸の有用性が明らかになり、「さまざまな脂肪層に細かく注入する」など、しこりを防ぐための技術に感銘を受けたため、「脂肪注入のほうがゲストにとってメリットが多い」という判断に至りました。

シリコンバッグ豊胸よりコンデンスリッチ豊胸を勧める理由

シリコンバッグ豊胸は多くの場合、硬く不自然で、カプセル拘縮や破損、ずれなどにより、いずれ抜去(摘出)や入れ替えで再手術をしなければいけません。ゲストの真の願いが「自然なバスト」だった場合、どうしても限界があります。では代わりに、昔から行われていた脂肪注入による豊胸術がいいのかというと、まだしこりができてしまう可能性が残っていました。
これを解決したのが、2009年に開発されたコンデンスリッチ豊胸です。酵素処理を行わず幹細胞を濃縮し、空気に触れさせないまま特殊なフィルターを使った加重遠心分離で死活細胞や老化細胞を取り除くので、しこりや脂肪壊死のリスクが非常に少なくなったのです。また良質な脂肪と幹細胞が濃縮されているため、注入する脂肪の細胞密度が向上。技術のあるドクターが正しく注入すれば、少ない量でもこれまで以上のバストアップ効果が見込めるようになりました。ついに「自然な手触りのバスト」と「将来に渡る安全性」は両立できるようになったのです。

今後の豊胸術は脂肪注入豊胸が主流になる

今では、自然さや安全性を求める日本人の考え方もあり、豊胸シリコンバッグの入れ替えで脂肪注入を選択する人が増えています。やがて豊胸手術に踏み切る最初の段階で、脂肪注入豊胸が第一の選択肢になることでしょう。過渡期にある現在は、まだまだ必要な脂肪まで取り過ぎたり、未熟な技術で注入時にバストにしこりを作ってしまうドクターは多いが現実。技術力をしっかり見極めて施術を受けられることをおすすめします。

知恵まとめ
  • 1999年以降、コヒーシブシリコンバッグ挿入による豊胸術が主流になった
  • 2009年にアメリカで脂肪注入豊胸が実質上解禁されて以降、選ぶ女性が増えている
  • 自然さと安全性を両方叶えられるコンデンスリッチ豊胸は今後主流になると予想される
関連キーワード

関連する診療録

読んでおくべき診療内容

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)