診療録

5

シリコンバッグ豊胸でバストが変形?トラブルの4つの原因

メインイメージ

シリコンバッグによる豊胸手術後に、バストが変形してしまうケースは多々あります。今回は、変形を招く主な4つの原因【破損】【ズレ】【カプセル拘縮】【サイズが合っていない】ことについて解説します。

トラブル原因①シリコンバッグの破損

シリコンバッグ豊胸
人工物なので、必ず寿命は来るのです

豊胸用のシリコンバッグは人工物なので、経年劣化により破損することがあります。また、激しいスポーツや事故による衝撃、胸に過剰な負荷をかけてしまうことでも破損してしまいます。

トラブル原因②シリコンバッグのズレ

バスト変形
最初の挿入施術の際や後天的な問題で発生します

挿入手術の際に、適切な場所に挿入していないとシリコンバッグが左右、上下にズレます。技術の低いドクターや豊胸手術に慣れていないドクターが、無理をして小さな挿入口からバッグを入れると起こることがあります。

トラブル原因③シリコンバッグのカプセル拘縮

バスト変形
強いカプセル拘縮を起こすことで変形した胸になります

シリコンバッグは体にとって異物です。その異物に対する生体反応としてバッグを覆うように被膜が形成されてカチカチに固い状態になる、カプセル拘縮という症状を起こします。

トラブル原因④シリコンバッグのサイズが合ってない

バスト変形
550ccなど巨大バッグはフィットが難しいサイズ

「せっかくなら、なるべく大きなシリコンバッグをいれたい!」と思うのが人情。ただ、あまりに大きなバッグを入れると、例えばまな板にボールがのっているような不自然な仕上がりに。皮膚も無理矢理引き延ばされ、柔らかな印象とは程遠くなってしまうので、欲張り過ぎには要注意

シリコンバッグのトラブルは、治療できます!

バスト変形

これら4つの原因によるバストの変形は特殊なことではなく、シリコンバッグをいれた誰にでも起き得ることです。「ひどい症状だから…」とあきらめることなく適切な処置を行えば美しいバストを取り戻すことができます。信頼できる名医に相談してくださいね!

知恵まとめ
  • バスト変形のリスクは、シリコンバッグ豊胸につきもの
  • 破損、ズレ、カプセル拘縮、サイズが合っていないことが主な原因
  • 適切な治療を行えば、バストの変形は治すことができる
関連キーワード

関連する診療録

読んでおくべき診療内容

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)