診療録

17

豊胸しても妊娠・授乳に影響ないの?(後編)

メインイメージ

豊胸シリコンバッグを胸に入れた後、耐久年数が来るより前に「やっぱり摘出(抜去)したい」と相談に来られる女性が増えています。大きな理由のひとつが「妊娠・出産」です。

前編:【豊胸しても妊娠・授乳に影響ないの?】

豊胸シリコンバッグを入れたあとに妊娠が分かったら?

豊胸 シリコンバッグ 妊娠

豊胸しても、基本的に授乳や母乳には悪影響はありません。シリコンバッグ豊胸の場合、通常は体内に入れるとご自身の組織である被膜に包まれます。時には豊胸シリコンバッグが破損して被膜の外にシリコンが漏れ出すケースもありますが、乳腺とは交わらないので「母乳に混ざるのでは」という心配はなさらなくても大丈夫です。ただ一方で、痛みや乳腺炎に悩まされる可能性は残ります。もし豊胸シリコンバッグを摘出(抜去)するなら、妊娠しておらず、体調が良い時に行うのがベストです。
しかし時には妊婦さんが、「赤ちゃんへの影響を考えるとインプラント(豊胸シリコンバッグ)を入れていることが不安でたまりません。取り除けますか?」と相談に来られる場合があります。

妊娠中に豊胸シリコンバッグを摘出する場合

豊胸 シリコンバッグ エコー画像

胎児へのリスクを考えると、妊娠中の摘出(抜去)、特に初期はおすすめできません。もしCMCやPIP社製など、危険性が報告されている豊胸シリコンバッグを入れており、カプセル拘縮(体がバッグを異物と判断して体外に押し出そうとする症状。硬化、変形など)による破損・炎症の可能性が高いようであれば、大変まれなケースですが、安定期に入るのを待って豊胸シリコンバッグを摘出(抜去)する場合もあります。
カプセル拘縮をしているかどうかは、エコー検査で診断できます。心配であれば、一度美容外科クリニックに相談されることをおすすめします。

妊娠中・授乳期の豊胸シリコンバッグ摘出は麻酔の影響が避けられない

豊胸シリコンバッグを入れていると痛みが強かったり、どうしても不安で授乳が終わるまで待てないという方もいらっしゃいます。その場合、産後の体調が安定してからなら摘出(抜去)することが可能です。乳腺や乳管には傷をつけませんので、手術後には授乳もできます。ただ、考えなければいけないのは麻酔の影響です。デリケートな体調に考慮した静脈麻酔を使用しますが、母体や赤ちゃんにまったく影響がないわけではありません。そのため、授乳再開まで1〜2週間程度、期間を開ける必要があります。

豊胸シリコンバッグ摘出と同時に「産後バストのしぼみ」を解決する方法

授乳が終わると、バストがしぼんでしまった、垂れてしまったと悩む女性がたくさんいます。特に豊胸シリコンバッグが入っていた場合は、大きく変形してしまうことも考えられます。そこで摘出(抜去)してしまうと、あまりのしぼみ具合にショックを受けてしまうかもしれません。豊胸シリコンバッグを入れている期間が長いほど、乳腺や皮下脂肪、肋骨などへの圧迫によって組織が薄くなり、弾力を失っているからです。時にはバッグ摘出(抜去)後、空気の抜けたビーチボールのように、胸全体が陥没してしまうことさえあります。
しかし豊胸シリコンバッグ摘出と同時に、コンデンスリッチ豊胸を行うことで、安全にバストの張りを取り戻すことができます。注入するのはもともとのバストと同じ自分の脂肪ですから、豊胸シリコンバッグのように数年後に不自然さが目立ってくるような心配はありません。また、ヒアルロン酸のように体に吸収されることもありません。

脂肪注入豊胸で定着した脂肪が授乳によってなくなることはない

ちなみに「出産前に脂肪注入したら、一度は脂肪が定着しても、授乳後によって消えてしまうのでは?」という心配される方もいらっしゃいます。授乳後のバストのしぼみは、大部分が乳腺組織のボリューム変化。定着した脂肪組織が授乳によって減ることはありません(もちろん豊胸していないバストと同じく、授乳後の形や張りの変化は予想されます)。厳選された脂肪を注入するコンデンスリッチ豊胸は、授乳によるバストの変化を考えると、もっとも自然で安心な方法と言えるでしょう。

10年20年後のライフスタイルを考えて豊胸術を選ぼう

若いころに豊胸シリコンバッグを入れたものの、いざ妊娠を考えた時に不安を覚える女性はたくさんいます。上記のように妊娠してからクリニックに駆け込み、摘出(抜去)を希望する女性もいらっしゃいますが、大事な時期に麻酔を使うことはおすすめできません。
人工物を体に入れるまえに、10年後20年後のライフスタイルの変化を考えてみることをおすすめします。

知恵まとめ
  • 妊娠中・授乳期の豊胸シリコンバッグ摘出は麻酔の影響が避けられない
  • 女性のライフスタイルの変化を考えると脂肪注入豊胸が安全
  • 豊胸シリコンバッグ摘出と同時の脂肪注入で、産後バストに張りを取り戻せる
関連キーワード

関連する診療録

読んでおくべき診療内容

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)