3つのチェック項目

エコーでバストの状態を確認します

最新のデジタル技術による乳腺用エコーで、触診だけでは見つけられない3つの状態を確認します。

エコーで確認する3つのチェック項目
  • 1.シリコンバッグの状態
    バッグが挿入された位置や破損していないかを調べます。
  • 2.皮膜・石灰化の状態
    拘縮や石灰化を起こしているかどうかなどの状態を調べます。
  • 3.乳腺の状態
    通常の検診に抵抗がある方も、乳腺の状態を診察することができます。

1.シリコンバッグの状態

挿入されているシリコンバッグの位置や、破損などの状態を確認します。手術したクリニックで言われていた挿入部位とは違っていたり、見た目や症状に現れていないが、シリコンバッグが破損していたというケースがございます。エコーによって正確な状態を把握することで、お悩みやトラブルの原因を分析します。

エラストグラフィ

2.皮膜・石灰化の状態

シリコンバッグは人工物(異物)であるために、人間の体は体内に入った異物を外に押し出そうという働きをします。しかしシリコンバッグは皮膚や乳腺、脂肪組織などの奥深くに挿入されているので、体の繊維成分が皮膜を作り、シリコンバッグを閉じ込めようとします。薄い皮膜であれば問題はありませんが、厚くなるとシリコンバッグを強く締め付けるようになり、カプセル拘縮を引き起こします。よって、皮膜の厚さを触る事によって、カプセル拘縮のレベルを確認できます。また手術をして10年もするとシリコンバッグの周りの皮膜にカルシウムが付着して石灰化を起こします。エコーで診断すると石灰化しているところは影で映し出されます。石灰化を放置しておくとバッグの破損に繋がるので早めの処置が大切です。

体の繊維成分が皮膜を作り、シリコンバッグを強く締め付けるようになり、カプセル拘縮を引き起こします。また、シリコンバッグの周りの皮膜にカルシウムが付着して石灰化を起こします。

3.乳腺の状態

シリコンバッグを入れている方はどうしても検診に抵抗を感じてしまうものです。基本的に、シリコンバッグは乳腺の下方にあるので乳腺用エコーでの診察が可能で、乳腺の状態を診察することができます。乳腺のトラブルでは、しこり、のう胞などの可能性をエコーで分かる範囲で見つける事ができます。THE CLINICでは乳腺専門医も在席しているため、問題があると思われるエコー診断は、必ずその医師に確認する流れで行います。

シリコンバッグを入れている為に乳がん検診に抵抗を感じてしまいますが、乳腺用エコーでの診察により、乳腺の状態を診察することができます。

3つのチェック項目に関する診療録

  • シリコンバッグによるトラブル
  • 3つのチェック項目
  • 最新技術のエコーを採用
  • 診断の流れ

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)

お気軽にご相談ください まずはエコー診断をお勧めします

  • 東京:0120-60-3929
    +81-3-5775-3400(海外から)
  • 横浜:0120-88-3929
    +81-45-548-3106(海外から)
  • 名古屋:0120-05-3929
    +81-52-955-8366(海外から)
  • 大阪:0120-77-3929
    +81-6-6313-0015(海外から)
  • 福岡:0120-98-3929
    +81-92-732-3155(海外から)
  • 無料ドクターメール相談
  • 再生プレミアムモニター

再生医療に伴う細胞の抽出・培養・保存の研究所を開設しました