1. 生理食塩水バッグの除去で残る傷跡の大きさは?

診療録

メインイメージ

生理食塩水バッグの除去で残る傷跡の大きさは?

第4録
[]

豊胸バッグや豊胸インプラントには、コヒーシブシリコンなど、破れても中身が漏れないジェル状のものと、生理食塩水をバッグで密封したタイプ(生理食塩水バッグ)があります。同じ豊胸インプラントでも、これらを除去する際に必要な切開の大きさは異なります。

生理食塩水バッグ除去のポイントは「あえて破く」

生理食塩水のバッグ

豊胸バッグを除去するの手術の際、問題になるのがバッグを取り出すために切開する傷です。様々なインプラントの中でも、生理食塩水バッグは破れると特に小さくなるのが特徴。破損すると空気の抜けた風船のようにぺったんこになります。
そのため、体内に流れても何の害もない生理食塩水の特性を活かして、抜去手術の際、バッグをわざと破いて膨らみをなくし、小さな切開部から取り出すこともあります。 破れた生理食塩水バッグを取り出すのに必要な切開口は、わずか1.5cmほど。体への負担を最小限にすることができます。

知恵まとめ
  • 破れた生理食塩水バッグはぺったんこに
  • 体内に生理食塩水が流れても安全
  • 最小の切開で取り出すために、あえて破く方法も
検索回数の多いキーワード

ページトップに戻る