1. 乳輪からシリコンを入れましたが取り出すのは同じ部分からですか?

お悩み相談集

乳輪からシリコンを入れましたが取り出すのは同じ部分からですか?
2012.08.16

※ 料金・キャンペーンに関する情報は回答時の内容です。詳しくは最新の情報をご確認ください。

相談

9年程前にシリコンバックを入れており、うしろめたさや将来の不安をずっと感じており、バックの除去とコンデンスリッチを考えております。
私の場合、バストトップが下がっているという理由で乳輪を切開してバックを入れましたが、取り出す際も同じ方法になるのでしょうか。また脂肪注入の際はこのような場合でも脇からになるのでしょうか。
それとコンデンスリッチを受ける際、脂肪の定着率を考えて1~2カップアップが望ましいとありましたが、バックを入れていた時と同じ大きさは無理なのでしょうか。(因みに163cm・47kgで現在Eカップです。

回答

通常、取り出しは挿入部位の切開跡からアプローチしますが、脇からのアプローチも検討します。
挿入位置からバッグは乳腺下に入っていると考えられます。この層を避けて、脇、乳頭の付け根の辺りから注入することになると思います。
バッグの単純除去では、バッグを入れる前の状態には戻りません。長年のバッグの圧迫により、周囲の組織(乳腺、脂肪、肋骨)が萎縮しているのと、皮膚のたるみが生じているためです。
そのためバストがえぐれた感じになるのと同時に、乳頭の下がりや皮膚のゆるみやしわが生じます。
脂肪注入ではこのような状況を張りを出すことで改善するのが一番の目的になります。 入っているバッグのサイズにもよりますが、今よりは小さくなると考えておいた方がよいでしょう。

上記に関連する相談

将来の不安(49)

持続性(生着率)(15)

傷跡(29)

シリコンバッグ摘出(223)

再生豊胸(150)

検索回数の多いキーワード

お悩み

施術・効果・仕上がり

従来の豊胸施術

診療内容

ページトップに戻る