1. 乳がんによる再建後でも、コンデンスリッチ豊胸は可能ですか?

お悩み相談集

乳がんによる再建後でも、コンデンスリッチ豊胸は可能ですか?
2014.07.28

※ 料金・キャンペーンに関する情報は回答時の内容です。詳しくは最新の情報をご確認ください。

相談

乳がんによる乳腺全摘出とシリコンバッグによる同時再建を行いました。術後3ヶ月を超えましたが、胸の張りと締め付けられるような痛みがあり落ち着きません。
触ると硬いので皮膜拘縮しているのかなと思います。このまま硬く痛い状態が続くようであればバッグ摘出も考えなくてはと思っています。形も変形しており不満です。

乳がんによる再建後でもコンデンスリッチ豊胸は施術可能なのでしょうか。石灰化が起こり乳がんになりやすい、など危険性があるのであれば無理かと思います。

石灰化の中にガンがみつかったタイプです。
今はホルモン療法のみの治療を受けています。

回答

乳がんの手術大変でしたね。乳腺全摘出術ですと、非浸潤性乳管癌でしょうか?
痛みと硬さからカプセル拘縮を起こしている可能性が高いと考えます。
乳がんの再建後でもコンデンスリッチ豊胸は可能です。
コンデンスリッチ豊胸はご自身の脂肪を用いた最新の豊胸術です。この方法は石灰化やしこりなどのリスクを減らした方法で、定着率も80%と高く、安全で仕上がりも自然になります。
石灰化のリスクはゼロではありませんが、乳がんになるものではありません(乳がんのリスクは増えません)のでご安心ください。
乳房の石灰化にはいくつか原因があり、すべてが悪性ではありません。また、乳がんの石灰化は乳管のがん細胞が壊死することにより起こるものですので機序が違います。
すでに乳腺全摘後のため、通常手術した側には乳がんになることはありません。

上記に関連する相談

将来の不安(49)

再生豊胸(147)

検索回数の多いキーワード

お悩み

施術・効果・仕上がり

従来の豊胸施術

診療内容

ページトップに戻る