1. 再生豊胸

再生豊胸

豊胸手術の比較

5種類の施術方法を比較します

  • 再生豊胸(ベイザーリポ+コンデンスリッチ豊胸)

    ベイザー+コンデンスリッチ豊胸+しこりを残さない

    サイズ ★ ★ ★ ★ 4
    持続効果 ★ ★ ★ ★ 4
    安全性 ★ ★ ★ ★ 4
    ダウンタイムが短い ★ ★ ★ 3
    痩せ型にも適応 ★ ★ ★ ★ 4
    メリット
    • 人工物を使わない安心感
    • 1ccあたりの細胞密度が高い
    • 石灰化や壊死のリスクが少ない
    デメリット
    • 他の施術より費用が高い
  • コンデンスリッチ豊胸(他院で行われているベイザーリポを使用しない方法)
    サイズ ★ ★ ★ ★ 4
    持続効果 ★ ★ ★ ★ 4
    安全性 ★ ★ ★ ★ 4
    ダウンタイムが短い ★ ★ ★ 3
    痩せ型にも適応 ★ ★ 2
    メリット
    • 人工物を使わない安心感
    • 1ccあたりの細胞密度が高い
    • 石灰化や壊死のリスクが少ない
    デメリット
    • 他の施術より費用が高い
    • 瘦せ型の人では脂肪の採取が十分とれないことがある
  • 脂肪幹細胞注入
    サイズ ★ ★ ★ 3
    持続効果 ★ ★ ★ ★ 4
    安全性 ★ ★ ★ ★ 4
    ダウンタイムが短い ★ ★ 2
    痩せ型にも適応 ★ 1
    メリット
    • 人工物を使わない安心感
    • 幹細胞濃度が高い
    デメリット
    • 他の施術より費用が高い
    • 瘦せ型の人では脂肪の採取が十分とれないことがある
  • 脂肪注入
    サイズ ★ ★ ★ 3
    持続効果 ★ ★ 2
    安全性 ★ 1
    ダウンタイムが短い ★ ★ ★ 3
    痩せ型にも適応 ★ ★ 2
    メリット
    • 人工物を使わない安心感
    • 脂肪吸引でのボディバランスの改善
    デメリット
    • しこりや石灰化、脂肪壊死などのリスクが高い
    • 生着率が悪く、効果が持続しない
  • PPPジェル注入
    サイズ ★ ★ 2
    持続効果 ★ 1
    安全性 ★ ★ ★ ★ 4
    ダウンタイムが短い ★ ★ ★ ★ 4
    痩せ型にも適応 ★ ★ ★ ★ 4
    メリット
    • 痩せ型の人でも可能
    • 人工物を使わない安心感
    デメリット
    • 時間とともに吸収されなくなる
    • 採血が必要
    • 繰り返しの施術が必要
  • ヒアルロン酸
    サイズ ★ ★ ★ 3
    持続効果 ★ ★ 2
    安全性 ★ ★ ★ ★ 4
    ダウンタイムが短い ★ ★ ★ ★ 4
    痩せ型にも適応 ★ ★ ★ ★ ★ 5
    メリット
    • 痩せ型の人でも可能
    • 手軽で負担が少ない
    デメリット
    • 時間とともに吸収されなくなる
    • 一度に注入できる量が少ない
    • 効果に対して費用が高い

豊胸施術の比較に関する診療録

ページトップに戻る