1. 再生豊胸

再生豊胸

脂肪の採取技術

体の負担を抑え、多くの脂肪を採取

体の負担を抑え、多くの脂肪を採取

脂肪を採取するうえで重要なことは、体への負担を少なくして、より多くの脂肪を採取することだと考えています。皮下脂肪の90%も採取することができ、痛みや腫れなどのダウンタイムが少なくて、採取した部位の繊維組織を壊さずに皮膚のたるみを引き締める効果を持っている技術として、THE CLINICではベイザーリポを使用しています。また、ベイザーリポは固く繊維質化した脂肪や、皮膚直下の浅い部分の脂肪も採取することができるため、やせている体型の方でも適応できます。

通常の脂肪採取
  1. カニューレで脂肪を掻きだすように採取します。

    カニューレで脂肪を掻きだすように採取します。

  2. 血管や神経が集まる筋肉層や、皮膚と筋肉をつなぐ繊維組織にダメージを与えながら採取します。

    血管や神経が集まる筋肉層や、皮膚と筋肉をつなぐ繊維組織にダメージを与えながら採取します。

  3. 内出血や知覚鈍磨などを引き起こしやすく、ダウンタイムも長く、辛い術後が続きます。

    内出血や知覚鈍磨などを引き起こしやすく、ダウンタイムも長く、辛い術後が続きます。

※効果には個人差があります
ベイザーリポを使用した脂肪採取
  1. 振動のエネルギーの3G(第3世代)超音波(VASER波)で治療部位の脂肪だけを遊離させます。

    振動のエネルギーの3G(第3世代)超音波(VASER波)で治療部位の脂肪だけを遊離させます。

  2. 刃のないカニューレで採取します。

    刃のないカニューレで採取します。

  3. 皮膚を引き締めながら、皮下脂肪の90%の採取が可能です。

    皮膚を引き締めながら、皮下脂肪の90%の採取が可能です。

※効果には個人差があります
採取部分がなめらかで自然な仕上がり

ベイザーリポには採取部分を引き締める効果がありますが、経験と技術力のあるドクターでなければ、なめらかで美しいラインにはなりません。THE CLINICでは、他院へ技術指導やセミナーを行っている経験豊富で技術力の高いドクターが施術を行いますので、採取部位がデコボコになることはありません。

  • 通常の脂肪誘因 通常の脂肪誘因
  • 経験豊富なドクターが行うベイザーリポ 経験豊富なドクターが行うベイザーリポ

脂肪の採取技術に関する診療録

ページトップに戻る