症例

シリコンバッグ摘出・再生豊胸の症例

THE CLINICでシリコンバッグのお悩みを解決された方々のご紹介です。
施術一ヵ月後は、完全に脂肪が定着する前の、一番バストが大きく見える状態です。
コンデンスリッチ豊胸は脂肪の定着率が良いので、施術三ヵ月後も一ヵ月後と見た目がほとんど変わりません。

コンデンスリッチ豊胸は脂肪の定着率が良いので、施術三ヵ月後も一ヵ月後と見た目がほとんど変わりません

バストの段差

30

  1. BEFORE
  2. AFTER

30歳女性の方で、他院で処置されたシリコンバッグ(インプラントプロテーゼ)豊胸手術により、アンダーバストが二段になっていました。シリコンバッグを抜去(除去)し、自分の脂肪を注入(コンデンスリッチ豊胸)することによって、なめらかで美しい自然なバストラインを取り戻すことができました。

不自然な形

29

  1. BEFORE
  2. AFTER

29歳女性で、シリコンバッグ豊胸により、バストの付け根が不自然に盛り上がってしまっているのが分かると思います。 シリコンバッグを除去し、同時にコンデンスリッチ豊胸を行いました。施術後には不自然な形も解消され、触り心地も柔らかく、美しいバストを手に入れることができます。 症例写真では分かりにくいですが、術前はシリコンバッグが入っている状態。術後はシリコンバッグ抜去し、コンデンスリッチ豊胸に入れ替えた物です。

23

  1. BEFORE
  2. AFTER

23歳女性の症例です。シリコンバッグ豊胸(インプラント豊胸)でボリュームを出していましたが、バレてしまう事が不安で来院されました。シリコンバッグを抜去(除去)すると共に、自分の脂肪を活用する、コンデンスリッチ豊胸を行いました。バッグの時のボリューム感を保ったまま、自然で美しいバストになりました。

30

  1. BEFORE
  2. AFTER

シリコンバッグのカプセル拘縮に悩んでいましたが、ボリュームも大きくなり、自然で美しいバストになりました。

29

  1. BEFORE
  2. AFTER

カプセル拘縮のためバストが下側に偏移しバストが不自然な状態に変形していました。 施術後は明らかにバストのバランスが整い、自然で美しいバストになることが出来ました。

31

  1. BEFORE
  2. AFTER

31歳女性。シリコンバッグを抜去し、コンデンスリッチ豊胸を行った症例です。バッグが中央にずれて不自然で、最近痛みも感じてきたとの事で来院されました。バッグを入れた理由は漏斗胸気味でペタンコだったからとの事。抜去後にえぐれた感じの胸にならないかご心配されていましたが、脂肪注入によるコンデンスリッチ豊胸後は、「無事自然な胸になりました」と術後喜んで頂けました。

48

  1. BEFORE
  2. AFTER

肩コリの原因がシリコンバッグによるものか確認してほしいというご相談でいらっしゃった、48歳の女性です。痩せ型で、20年以上前にバッグ豊胸をなさったとのことですが、ぽっこりと丸く胸の上部が突き出していて不自然な状態でした。身体にとっては異物である人工物を挿入するバッグ豊胸は、経年で様々なトラブルが発症します。 THE CLINICでは、乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、胸部の中を確認します。大胸筋の下にバッグが入っていましたが、左右で形が異なっており、破損がみとめられました。長年バッグが入っていた個所は、バッグの形に凹みができてしまい、抜去後の胸は平らになるどころか凹みに沿って抉れてしまいます。この修正施術は大変難しく技術が必要ですが、脂肪の活用に特化し、アメリカや韓国といった美容先進国から世界最先端技術を取り入れているTHE CLINICならば可能です。 バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 初めは脂肪豊胸を不審に思っていましたが、自然で柔らかいバストになってよかったです。バッグ豊胸のときのような酷い痛みがなかったことにも安心しました、と喜んでいただける結果になりました。

48

  1. BEFORE
  2. AFTER

バッグ豊胸後のバストがカチコチに硬くなっているので診てほしい、というご相談でいらっしゃった、48歳の女性です。 20年ほど前に挿入した仰るシリコンバッグを、乳腺用エコーで確認したところ、石灰化と被膜によりカプセル硬縮がすすんでいました。身体は、異物である人工物(シリコンバッグ)から身体を守るため、バッグの周りにカプセル被膜を形成します。この被膜が経年で分厚くなったり収縮したりすることで、バッグが破れることがあります。この方のバッグは、まだ破損していませんでしたが、皮膚までの距離が数ミリしかなくバッグの取り出しが困難な、危険な状態でした。過去に一度、階段から落ちて右胸がつぶれてしまったこともあったそうです。 大きさの維持よりも、自然な胸になりたいというご希望でしたので、大変痩せ型の方でしたが、太ももから身体のバランスを損なわないように注意しながら慎重に脂肪を採取しました。 脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 施術後の経過も良好で、「胸が柔らかくなって、とても自然です。嬉しいです」と大変お喜びでした。後日、お顔への脂肪注入も受けられており、ナチュラルな若返りができたことにも喜んでいらっしゃいました。

44

  1. BEFORE
  2. AFTER

44歳の女性です。バッグの抜去とCRF(コンデンスリッチ)豊胸、そして乳頭縮小のご相談でいらっしゃいました。 写真の通り、施術前のバストはバッグが上方に位置しています。デコルテが痩せていらっしゃるので、ぽっこりと胸が突き出していて不自然です。10年以上前にバッグを入れられたそうですが、経年によりカプセル拘縮などトラブルが発生するので、この方のように脂肪に置き換える方が増えています。 身体の内部を触診だけで正しく判断することはできません。THE CLINICでは、乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、バッグがどこに入っているか、現在どのような状態か、しっかり確認したうえで抜去します。バッグは、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。乳頭の縮小も同時に施術したことによってバランスの整った美しいバストになりました。 「びっくりするくらい自然な胸になって満足してます」と喜んでいただけました。

40

  1. BEFORE
  2. AFTER

40歳の女性です。バッグの抜去とCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の同時施術のご相談でいらっしゃいました。「20年くらい前にバッグ豊胸したが、左胸上部に硬さを感じるようになった。レントゲンで白くシコリの様にうつるので気になっています。今まで乳がん検診は全く受けていません」とのこと。 身体にとっては異物である人工物を挿入するバッグ豊胸は、経年で様々なトラブルが発症します。この方のバスト内では『カプセル拘縮』が起きていました。身体はバッグを異物と認識し、身体を守るためバッグの周りにカプセル被膜を形成します。この被膜は経年で分厚くなったり収縮したりするのですが、症状が進行すると、バッグの破損や痛みの原因になります。 THE CLINIC では、施術前に乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、現在のバストの状態を目視でチェックします。この方の左胸には石灰化した腫瘤が、右胸にはのう胞が見つかりました。乳がん検診を受けていれば、もっと早くに見つけることができたと思われます。バッグ豊胸と違い、CRF豊胸後のバストは、エコーだけではなくマンモグラフィーによる乳がん検査も可能です。 バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 写真の通り、自然できれいなバストになれたこと、異物がなくなって安心できたことに、とても喜んでいただけました。

47

  1. BEFORE
  2. AFTER

47歳の女性です。バッグの抜去とCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の同時施術のご相談でいらっしゃいました。 痩せ型なので、乳房だけが丸く盛り上がっているのが不自然に見受けられました。「バッグを挿入したのは12年くらい前だが、3~4か月くらい前から左胸だけ肥大化して柔らかい触感になった」とのこと。 THE CLINIC では、施術前に乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、現在のバストの状態を目視でチェックします。この方の左胸には、水がかなり溜まっていました。バッグが破損し、炎症を引き起こしたのが原因です。早急にバッグを取り出す必要があります。 安全にバッグを摘出(抜去)できても、長年バッグの圧力で抑えられていた組織は、その部分がえぐれた状態になっていることがあるので、摘出(抜去)後、良質な自己脂肪を注入するCRF豊胸で自然なバストに再生するのがベストでしょう。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 施術後、「異物感がなくなりました。階段の上り下りの際、胸が揺れます」と喜びのご報告をいただけました。

38

  1. BEFORE
  2. AFTER

30

  1. BEFORE
  2. AFTER

44

  1. BEFORE
  2. AFTER

44歳の女性です。20年前に挿入した生理食塩水バッグを抜去して、自然で柔らかい胸にしたいというご相談でした。乳腺用エコーでバッグの状態を診察したところ、破損はしていませんでしたが経年による変形が生じていました。身体にとっては異物である人工物を挿入するバッグ豊胸は、変形や破損など様々なトラブルが起きることが多いです。術前の写真を見ていただくとわかりますが、ぽっこりと丸く胸が突き出して、乳頭の向きが左右で大きく違う見た目は酷く不自然です。THE CLINICでは、バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。施術によって、乳頭が自然な位置に戻り、乳房は柔らかく自然にふくらみました。

24

  1. BEFORE
  2. AFTER

41

  1. BEFORE
  2. AFTER

47

  1. BEFORE
  2. AFTER

バッグの抜去とCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の同時施術のご相談でいらっしゃいました、47歳の女性です。 7年前に大胸筋下に挿入したシリコンバッグが、リップリング(※バッグの辺縁が折れ曲がってしまうことで起こる、バストの形が歪になってしまう状態)を起こしていました。 THE CLINICでは、施術前に乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、現在のバスト内部の状態を目視でチェックします。この方は、バックが上に上がり過ぎて、波打っていました。右胸は皮膚からバックまでの距離が4ミリしかありません。左胸もバッグの折れ曲がりがあり、皮膚まで2.8ミリしかありません。このままいくと皮膚に到達してしまうかもしれず、とても危険な状態でした。 バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 施術後は写真の通り、見た目にも自然できれいなバストになり喜んでいただけました。

46

  1. BEFORE
  2. AFTER

46

  1. BEFORE
  2. AFTER

43

  1. BEFORE
  2. AFTER

45

  1. BEFORE
  2. AFTER

45

  1. BEFORE
  2. AFTER

37

  1. BEFORE
  2. AFTER

25

  1. BEFORE
  2. AFTER

華奢な体格に合わない大きなバッグが入っていたので、抜去のみのお胸はやはり凹んでいましたが、コンデンスリッチ豊胸でここまでボリュームを取り戻すことができました。 形も自然になり、豊胸したことが周囲にバレない柔らかいお胸にです。

36

  1. BEFORE
  2. AFTER

大きすぎるバッグを取り出し、コンデンスリッチファットに置き換えました。 術前は特に右胸が変形していましたが、サイズを維持したまま自然な形になりました。

40

  1. BEFORE
  2. AFTER

シリコンバッグ抜去とコンデンスリッチ豊胸の症例です。 抜去前のシリコンは変形し、内部組織を圧迫していましたが、術後はしっかり定着してバッグと同じくらいのボリュームを維持できました。

カプセル拘縮

40

  1. BEFORE
  2. AFTER

他院シリコンバッグ豊胸により、左右ともカプセル拘縮に伴う変形が著明なケースです。 シリコンバッグ抜去とコンデンスリッチ豊胸を同時に行い、ボリューム維持はもちろん、触り心地の自然さも手に入れることができました。

43

  1. BEFORE
  2. AFTER

シリコンバッグ豊胸(インプラント豊胸)のカプセル拘縮が強く、寝ても盛り上がったままの不自然なバストに長く悩まれていました。 シリコンバッグ抜去し、コンデンスリッチファットに置き換える事で、触感も柔らかく、バストの立ち上がりもなだらかになりました。 何より、異物が入っているという罪悪感から解放されたことを大変喜んでいらっしゃいました。

47

  1. BEFORE
  2. AFTER

10年前にシリコンバッグを挿入されたそうですが、被膜の石灰化が著明で硬く、痛みもあるとのことでバッグの抜去とコンデンスリッチ豊胸を行いました。 手術後痛みもなくなり、形も自然なバストになりました。

48

  1. BEFORE
  2. AFTER

肩コリの原因がシリコンバッグによるものか確認してほしいというご相談でいらっしゃった、48歳の女性です。痩せ型で、20年以上前にバッグ豊胸をなさったとのことですが、ぽっこりと丸く胸の上部が突き出していて不自然な状態でした。身体にとっては異物である人工物を挿入するバッグ豊胸は、経年で様々なトラブルが発症します。 THE CLINICでは、乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、胸部の中を確認します。大胸筋の下にバッグが入っていましたが、左右で形が異なっており、破損がみとめられました。長年バッグが入っていた個所は、バッグの形に凹みができてしまい、抜去後の胸は平らになるどころか凹みに沿って抉れてしまいます。この修正施術は大変難しく技術が必要ですが、脂肪の活用に特化し、アメリカや韓国といった美容先進国から世界最先端技術を取り入れているTHE CLINICならば可能です。 バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 初めは脂肪豊胸を不審に思っていましたが、自然で柔らかいバストになってよかったです。バッグ豊胸のときのような酷い痛みがなかったことにも安心しました、と喜んでいただける結果になりました。

48

  1. BEFORE
  2. AFTER

バッグ豊胸後のバストがカチコチに硬くなっているので診てほしい、というご相談でいらっしゃった、48歳の女性です。 20年ほど前に挿入した仰るシリコンバッグを、乳腺用エコーで確認したところ、石灰化と被膜によりカプセル硬縮がすすんでいました。身体は、異物である人工物(シリコンバッグ)から身体を守るため、バッグの周りにカプセル被膜を形成します。この被膜が経年で分厚くなったり収縮したりすることで、バッグが破れることがあります。この方のバッグは、まだ破損していませんでしたが、皮膚までの距離が数ミリしかなくバッグの取り出しが困難な、危険な状態でした。過去に一度、階段から落ちて右胸がつぶれてしまったこともあったそうです。 大きさの維持よりも、自然な胸になりたいというご希望でしたので、大変痩せ型の方でしたが、太ももから身体のバランスを損なわないように注意しながら慎重に脂肪を採取しました。 脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 施術後の経過も良好で、「胸が柔らかくなって、とても自然です。嬉しいです」と大変お喜びでした。後日、お顔への脂肪注入も受けられており、ナチュラルな若返りができたことにも喜んでいらっしゃいました。

38

  1. BEFORE
  2. AFTER

シリコンバッグに違和感を感じてご来院くださいました、38歳の女性です。15年ほど前にバッグ豊胸をしたそうですが、引きつりと鈍痛を感じるようになったとのこと。乳腺用エコーで診ると、大胸筋下にあるバッグがカプセル拘縮によって変形していました。身体にとっては異物である人工物を挿入するバッグ豊胸は、変形や破損など様々なトラブルが起きることが多いです。THE CLINICでは、バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。CRF(コンデンスリッチファット)豊胸は、自分の脂肪を使った豊胸術です。自分の細胞なので、自然な形状に定着しますし、シリコンバッグやヒアルロン酸と違い、柔らかさ温かさを感じられるので触感も不自然にはなりません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。施術後、とても嬉しそうに「自然な胸になって、すっごく満足しています。本当に施術を受けて良かったです」と明るく仰られました。

41

  1. BEFORE
  2. AFTER

41

  1. BEFORE
  2. AFTER

57

  1. BEFORE
  2. AFTER

62

  1. BEFORE
  2. AFTER

27

  1. BEFORE
  2. AFTER

バッグの抜去とCRF(コンデンスリッチファット)豊胸の1DAY施術でご来院の、27歳の女性です。バストは触ってすぐバッグだとわかる感触で、さらに右胸の横の感覚がないとのこと。 THE CLINICでは、施術前に乳腺用エコー「エラストグラフィー」を使用して、現在のバストの内部がどのようになっているか目視でチェックします。この方のバスト内では『カプセル拘縮』が起きていました。身体にとっては異物である人工物を挿入するバッグ豊胸は、経年で様々なトラブルが発症します。身体はバッグを異物と認識し、身体を守るためバッグの周りにカプセル被膜を形成します。この被膜が経年で分厚くなったり収縮したりすることで、バッグが破れることがあります。今回は、破れてはいませんでしたが、波打つように変形していました。また、体型に比して大きすぎるバッグを入れていたせいで、皮膚とバッグの間の距離が3ミリ以下しかなく、右胸の感覚がないのはバッグが神経を圧迫しているせいでした。 バッグの抜去は、ワキの下から切開して摘出(抜去)する方法を行います。シワに沿って指が1~2本入る最小限の切開なので、バストは傷つかず、施術による傷口も目立ちません。脂肪を注入するのは、バッグが入っていた場所ではなく、その周囲の層です。長年バッグの入っていた場所は、空洞(ポケット)になっていて血管が通っていないため、せっかく良質の脂肪を丁寧に注入しても酸素や栄養が届かず壊死する特性があるからです。 「バッグがなくなって安心しました。自然な胸になれてうれしい」と仰っていただけました。この方は、後日、2回目のCRF豊胸を受けられています。(※写真は1回目の施術結果です)

41

  1. BEFORE
  2. AFTER

47

  1. BEFORE
  2. AFTER

52

  1. BEFORE
  2. AFTER

46

  1. BEFORE
  2. AFTER

46

  1. BEFORE
  2. AFTER

43

  1. BEFORE
  2. AFTER

45

  1. BEFORE
  2. AFTER

45

  1. BEFORE
  2. AFTER

31

  1. BEFORE
  2. AFTER

25

  1. BEFORE
  2. AFTER

華奢な体格に合わない大きなバッグが入っていたので、抜去のみのお胸はやはり凹んでいましたが、コンデンスリッチ豊胸でここまでボリュームを取り戻すことができました。 形も自然になり、豊胸したことが周囲にバレない柔らかいお胸にです。

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)

お気軽にご相談ください まずはエコー診断をお勧めします

  • 東京:0120-60-3929
    +81-3-5775-3400(海外から)
  • 横浜:0120-88-3929
    +81-45-548-3106(海外から)
  • 名古屋:0120-05-3929
    +81-52-955-8366(海外から)
  • 大阪:0120-77-3929
    +81-6-6313-0015(海外から)
  • 福岡:0120-98-3929
    +81-92-732-3155(海外から)
  • 無料ドクターメール相談
  • 再生プレミアムモニター

再生医療に伴う細胞の抽出・培養・保存の研究所を開設しました